ワイドパンツのコーデ4選!ぽっちゃりさんにおすすめのワイドパンツは?

ワイドパンツのイメージは、太って見えると思われている人も多いはず。ですが、気になる太ももやお尻まわりをカバーしてくれる万能アイテムです。この記事は、ぽっちゃりさんが「ワイドパンツをどのように着こなせば細見えするか」を解説する記事です。前半では、ワイドパンツの細見えするコーディネート例を4つ紹介します。後半では、細見えするワイドパンツの選び方について紹介します。ご自身にあったワイドパンツを選ぶことで、スタイリッシュに着こなすことができますので、その魅力をこの記事で発見しましょう。

ワイドパンツはぽっちゃりさんにおすすめ!

商品ページ:ゆったりな穿き心地♪ウエストゴムロングパンツ

ワイドパンツは太ってみえると思っている人も多いのではないでしょうか?ワイドパンツは下半身をカバーできるため、ぽっちゃりさんにおすすめのアイテムです。しかし、コーディネートを間違えると太って見えてしまうので、注意が必要です。色やシルエット、素材感をきちんと選ぶことで体型をカバーしながら綺麗に着こなすことができます。

ぽっちゃりさんにおすすめのワイドパンツのコーデ4選!

商品ページ:ベロア素材であったかい♪ウエストゴムロングパンツ

ぽっちゃりさんが細見えするワイドパンツのコーディネートを4つ紹介します。コーディネートや小物の使い方、季節のアイテムを上手く使うことでオシャレ感がアップしますので、参考にしてください。

①程よいボリューム感のトップスをINする

程よいボリューム感のトップスを選び、INをすることで細見えすることができます。トップスをINすることでウエストラインを強調することができ、細見えする効果があります。トップスのサイズ感は大きすぎても小さすぎてもNG。大きすぎると上半身を大きく見せてしまいますし、小さすぎると体型を拾ってしまい圧迫感が出てしまいます。また、長い丈のトップスでパンツの外に出すコーディネートをすると、だらしなく見えてしまい、逆に太ってみえてしまうので注意が必要です。

②夏はサンダルやパンプスを合わせる

夏のワイドパンツのコーディネートならサンダルやパンプスを合わせて、軽やかな印象にするのがおすすめです。サンダルやパンプスを履いて肌を見せることで抜け感が出ます。また、ヒールがあるものを選べば、スタイルをよく見せることができます。反対にブーツやスニーカーを合わせると、ずっしり感が出てしまうので、注意しましょう。

③冬はショート丈のアウターを合わせる

冬にワイドパンツと合わせるアウターは、ショート丈がおすすめです。ショート丈のアウターと合わせると上半身をすっきり見せることができ、さらに脚長効果が期待できます。上下のボリューム感によってメリハリを出せるからです。その際、ワイドパンツのボリューム感(幅)とアウターのボリュームとのバランスが取れていないと太って見えてしまいますので、注意しましょう。

④ロングカーディガンを合わせてIラインを作る

アウターのショート丈とは反対に、思いっきりロング丈のカーディガンを合わせるのもおすすめです。Iラインを作ることで縦のラインが強調され、細見えすることができます。ロング丈のカーディガンやアウターの縦のラインと、ワイドパンツの縦のラインにより、Iラインをより強調することができるからです。しかし、中途半端に長い丈や重ねる丈のバランスが悪いと、ずっしり感が出てしまいますので気をつけましょう。

ぽっちゃりさん必見!細見えするワイドパンツの選び方

商品ページ:カジュアルロングパンツ

ワイドパンツで細見せさせるにはサイズ感だけでなく、チェックする項目がいくつかあります。ここでは、ぽっちゃりさんが細見えするワイドパンツの特徴を項目別で紹介します。

項目細見えするワイドパンツの特徴
サイズ感程よい丈感
程よいボリューム感
素材とろみがあるもの
ハリ感があるもの
淡すぎない色
強すぎない色
ストライプ
デザインウエストリボン

細見えするワイドパンツのサイズ感:程よい丈感・程よいボリューム感

ワイドパンツを履くと太って見えてしまうのには、サイズ選びを間違えていることがあります。ポイントは腰回りを基準に選ぶこと。おしりのラインすなわち、骨格に合っているかを意識しましょう。ワイドパンツは大きすぎず、小さすぎず、程よいサイズがおすすめです。丈が長め・サイズが大きめのワイドパンツは太って見えてしまいます。反対に丈が短め・サイズが小さめのワイドパンツはコーディネートのバランスが取れず、上半身が大きく見えてしまうことがあります。

細見えするワイドパンツの素材:とろみがあるもの、ハリ感があるもの

細見えするワイドパンツの素材は、とろみがある素材やハリ感がある素材です。とろみがある素材やハリ感がある素材は体型を拾わないため、体型カバーができます。ですが、身長が高い方は、ハリ感のある素材を選ぶと、全体に大きく見えてしまいますので注意しましょう。とろみがある素材を選ぶ時は、セットアップで同じ素材で統一すると、落ち感が出てシルエットが綺麗にでます。

細見えするワイドパンツの色:淡すぎない色、強すぎない色

細見せするワイドパンツの色は、淡すぎない色、強すぎない色です。淡すぎる色は膨張色のため、実際の大きさよりも大きく見えてしまいます。強すぎる色は輪郭を強調して、下半身に視線を集めてしまいます。上下とも、同じ色や同じ素材を選ぶのもおすすめです。膨張色は避け、暗めで引き締めカラーを選びましょう。

細見えするワイドパンツの柄:ストライプ

ワイドパンツの柄でストライプは、脚をほっそりと見せてくれます。特に、濃いめで太めなストライプはすっきり細見せ効果があります。Iラインが作れますので、縦のラインを強調して、脚をすっきりと見せてくれます。またリブ編みも縦のラインを強調できるためおすすめです。

細見えするワイドパンツのデザイン:ウエストリボン

細見せえするワイドパンツのデザイン、ウエストにリボンがあるデザインです。ウエストにリボンがあるデザインのワイドパンツは、全身をすっきり見せてくれます。また、目線を上げることができるため、脚長効果も期待できます。トップスのウエストにリボンがあるデザインも同様の効果があります。

ぽっちゃりさんにおすすめのワイドパンツ3選

ぽっちゃりさんにおすすめのワイドパンツを紹介します。幅の違うワイドパンツや、色によって細見えのタイプに違いがありますので、参考にしてください。

①こなれ裾スリットウエストゴムロングパンツ

商品ページ:こなれ裾スリットウエストゴムロングパンツ

幅が細めのワイドパンツになります。ウエストにタックが入っていますので、腰回りを拾わず、ヒップラインを綺麗に見せてくれます。

②全7色!楽に動ける♪ウエスト紐ワイドパンツ

商品ページ:全7色!楽に動ける♪ウエスト紐ワイドパンツ

柔らかい生地のワイドパンツです。幅がたっぷりとありますので、肉感を拾わず綺麗なシルエットになります。グレーなどの薄めのワイドパンツには、ブラックなどの締めカラーをあわせるのがおすすめです。

③厚手のベルベット素材があたたかい♪裏起毛ロングパンツ

商品ページ:厚手のベルベット素材があたたかい♪裏起毛ロングパンツ

ベルベットで少し厚めの生地ですので、薄手のトップスであれば、INして着ていただけます。ブラックのワイドパンツですが、トップスを強調し過ぎない色でまとめれば、すっきりとしたラインのシルエットになります。

ワイドパンツのコーデで細見えしよう!

ぽっちゃりさんにおすすめのワイドパンツ

ワイドパンツは太って見えるという印象から、抜け出せましたか?素材によっては履き心地の良さや、コーディネートによってオシャレ感がアップするアイテムであることが、発見できたと思います。体型、サイズを知り、似合うワイドパンツを選べば、ぽっちゃりさんでもスッキリ着こなせます。ワイドなだけに、だらしないシルエットになるのではないかと心配されている方も、今まで避けていたデザインであれば、この機会に是非、ワイドパンツの魅力に出会ってください。

関連記事

新着記事

TOP