太っている人必見!ロングスカートの痩せて見える選び方&着こなし方を解説!

ロングスカートは、生地が多い分、華やかな雰囲気も女性らしさも演出できるアイテムです。色や生地、デザインやシルエットをきちんと選べば、太っている人でもロングスカートは最強アイテムとなります。ぽっちゃりさんが「ロングスカートをどのように着こなせば細見えするか」を解説していきます。前半では、細見えするロングスカートの選び方について紹介します。後半では、細見えするロングスカートの着こなし方を3つ紹介します。季節に関係なく、ロングスカートを取り入れておしゃれの幅を広げてください。

太っている人にロングスカートはおすすめ!

商品ページ:斜めラインがエレガントスリットミモレ丈スカート

太っている人の中には、ロングスカートはコーディネートが難しいと思っている方も多いのではないでしょうか。ロングスカートは下半身をカバーできるため、ぽっちゃりさんにおすすめのアイテムです。しかし、選ぶものを間違えると太って見えることも。痩せて見えるロングスカートの選び方や着こなし方をマスターしてロングスカートのおしゃれを楽しんでください。

太っている人が痩せて見えるロングスカートの選び方

商品ページ:光沢感あるサテン生地♪ウエストゴムスカート

太っている人がロングスカートを選ぶ際に、気をつけるポイントを知れば、日々のファッションに取り入れやすくなります。ここでは、太っている人が細見えするロングスカートの特徴を項目別で紹介します。

項目細見えするロングスカートの特徴
丈感ミモレ丈
素材とろみがある素材、ハリ感がある素材
淡すぎない色、強すぎない色
デザインプリーツスカート
シルエットIライン
ハイウエスト

細見えするロングスカートの丈感:ミモレ丈

着痩せするロングスカートの丈感は、ミモレ丈です。気になるお尻まわりや太もも部分を隠しながらも、細い足首を出すことで細見えします。足首を出すことは脚の一番細い部分を強調することになりますので、ほっそり感が期待できます。同じミモレ丈でも、膝下10㎝の丈も含まれることもあります。膝下10㎝ですと、身長によっては、ふくらはぎの一番太い部分で切れてしまうこともありますので、ふくらはぎが隠れる長さを確認することをおすすめします。

細見えするロングスカートの素材:とろみがある素材、ハリ感がある素材

細見えするロングスカートの素材は、とろみがある素材やハリのある素材です。とろみがある素材やハリ感がある素材は体型を拾わないためおすすめです。ハリのある生地、凹凸のある生地、落ち感のある生地を中心に探してみてください。とろみのある素材は、すっと落ちスマートに見せてくれますが、お腹がぽっこりと出ている方は、スカートにINするとお腹が目立ってしまうこともありますので注意しましょう。

細見えするロングスカートの色:淡すぎない色、強すぎない色

ロングスカートは生地の面積が多いので、色に左右されることがあります。ロングスカートは淡すぎない色、強すぎない色を選ぶと細く見せてくれます。淡すきる色は膨張色のため、実際の大きさよりも大きく見えてしまいます。強すぎる色は輪郭を強調して、下半身に視線を集めてしまうので、注意しましょう。全身を濃い色だけでまとめてしまうと、身長が低く見えてしまいます。縦長効果を活かしたいので、身長が低く見えると、縦横比で幅が強調されてしまいますので、注意しましょう。

細見えするロングスカートのデザイン:プリーツ

細見えするロングスカートのデザインは、プリーツスカートです。気になる部分をふんわりとカバーしてくれるだけでなく、プリーツの縦のラインが下半身を細く見せてくれますので、細見せに効果的です。椅子に座った時は、綺麗に広がってくれますので、体型カバーに一役かってくれます。ですが、必要以上にボリュームのあるものを選ぶと、お尻や腰回りを強調してしまうので注意しましょう。

細見えするロングスカートのシルエット:Iライン、ハイウエスト

細見えするロングスカートのシルエットには、Iラインやハイウエストがおすすめです。Iラインは縦のラインを強調するシルエットのため、すっきりと見せてくれます。ハイウエストは腰の位置を引き上げてくれるため、脚長効果があります。Iラインはまっすぐに縦にラインをキープしてくれますので、トップスもボリュームを押さえて、上半身から下半身までIラインになるようにスタイリングしましょう。特にぽっこりお腹の方には、ハイウエストのデザインがおすすめです。ぽっこりお腹から少しウエスト入りを上に外すだけで、スッキリと見せてくれます。

太っている人がロングスカートを着こなす際の3つのコツ

商品ページ:ニュアンス総柄ミディ丈スカート

細見せロングスカートの特徴をご紹介しましたので、ここでは、太っている人が痩せて見えるロングスカートの着こなし方を3つ紹介します。

①ロングスカートとトップスは違うカラーを選ぶ

ロングスカートとトップスは違うカラーを選ぶことで、着ぶくれを防ぐことができます。全身を同じカラーでまとめるとメリハリがなく、もたついて見えてしまいます。ブラック×ホワイトなどのようにコントラストの効いたカラーを選ぶのがおすすめ。その際は着痩せしたい方にブラックを持ってくると、引き締め効果によりさらに細見えができます。
コントラストをつけると、トップスをINするだけでXラインが作れますので、バランス良く着こなせます。

②トップスをINしてAラインのシルエットを作る

裾に向かって広がっているシルエットのロングスカートを選ぶときは、トップスをINして着るのがおすすめです。トップスをINすることで全身がAラインのシルエットになり、メリハリが効いた着こなしができます。腰まわり、お尻、太ももをカバーしてくれます。スカート丈は、ミモレ丈を選んで太い部分が強調されないようにしましょう。

③ブラックの小物を合わせる

ロングスカートは、タイトなデザイン以外は広がっているデザインですので、引き締め効果のあるブラックの小物を合わせるのがおすすめです。ブラックの小物(バッグや靴)を合わせることでメリハリを付け、コーデを引き締めることができます。薄めのカラーの洋服を着る場合は、ブラックの小物でまとまり感を出すと、洗練されたオシャレができます。コーディネートがシンプル、何か物足りない感がある時は、ブラックの小物をポイントにしてみるのがおすすめです。

太っている人におすすめのロングスカート3選

太っている方に、是非着ていただきたいロングスカート。ここでは、太っている方におすすめのロングスカートを紹介します。

①後ろウエストゴムミディ丈フレアスカート

商品ページ:後ろウエストゴムミディ丈フレアスカート

流行に左右されないカラーですので、長く着ていただけます。ギャザーが少し低い位置から入っていますので、お腹まわりをスッキリ見せてくれるデザインです。全体に薄めのカラーのコーディネートの場合、ベルトでウエストマークすると着痩せ効果が期待できます。

②ドット柄くしゅ感ロングスカート

商品ページ:ドット柄くしゅ感ロングスカート

ドット柄の大きさもちょうど良い大きさですので、着ぶくれ感もなく着ていただけます。トップスにブラックのカラーをコーディネートすれば、引き締め感もでますし、ウエスト位置も下過ぎないので、スッキリ着ていただけます。

③小花柄の裾フレアミディ丈スカート

商品ページ:小花柄の裾フレアミディ丈スカート

ティアードスカートですが、広がりを気にせず着ていただけるシルエットです。トップスがホワイトのカラーですので、スカートで引き締め感があります。アウターもショート丈を選べば、着ぶくれ感もなく着ていただけます。

太っている人もロングスカートで細見えしよう!

ロングスカートは太って見えると勘違いしてた人も多かったのではないでしょうか。ロングスカートは、下半身を上手くカバーしてくれるアイテムです。スカートだけを意識せず、トップスとトータルバランスで考えましょう。ポイントをおさえて、細見えテクニックをマスターしてください。

関連記事

新着記事

TOP