ワンピースの畳み方・ハンガー掛けについて

ワンピースを保管する時に、ワンピース用にハンガーなどを用意されていますか?
いざ着用しようとしたら、思っていた以上にシワがついていて着れない経験ありませんか?
この記事では、ワンピースの畳み方・吊るし方(丈が長い場合、ニット、コットンなど伸びる素材、伸びない素材)について調べてみましたので参考にして頂けたらと思います。

畳んで収納の場合

ワンピースを収納する場合、収納スペースを考えると、畳んだ方がコンパクトに収まります。
衣装ケースも積み重ね出来るタイプや、不織布で作られた箱型のタイプなど、たくさんのデザインが販売されています。
ケースも統一すれば、クローゼットや押し入れもスッキリして見えます。
ケースの前に中に何が入っているか分かるよう、アイテムシールなども売られていますので、楽しく収納できます。

ワンピースの基本の畳み方

1.ワンピースの背中を上にします。

ワンピースの畳み方

2.脇線に内側に折ります。

ワンピースの畳み方

3.脇に向かって1/3折り曲げます。

ワンピースの畳み方

4.さらに三つ折りにします。

ワンピースの畳み方

このような畳み方をすれば、比較的折りじわが少なく済みます。
ロング丈の場合は、裾を襟元まで持ってきて、半分にします。
そしてまた半分にすると、4のような形になると思います。
素材にもよりますが、スカート部分で折り曲げる長さを調節して、小さくなりすぎないようにしましょう。
または、クローゼットなどの大きさに合わせるもの方法のひとつです。

ロング丈ワンピースの場合

ワンピースの畳み方
ワンピースの畳み方

そのままハンガーに掛けず、まずは袖や裾の広がりを内側に折ります。
真ん中に向かって1/4ずつ折ります、最後を中央で2つ折りにします。
そうする事で、折線を最小限にして、掛ける事が出来ます。

ショート丈の場合

ロング丈と同様のやり方で、1/3の長さを中央に向かって畳みます。
最後三つ折りになったら出来上がりです。
その状態でハンガーがけすれば、折線を最小限にして、掛ける事が出来ます。

皆様はどんな畳み方をされていましたか?
そのままハンガーに吊るして、肩はポコッと飛び出ていたりして、外出してから気付いて、恥ずかしくなった経験はありませんか?
朝着ようと思ったら、びっくりするぐらいしわだらけで、唖然としてしまうことも!

ワンピースの丈やデザインで、折り曲げる位置が変わることはありますが、できるだけしわがないように、畳む、畳んでハンガーに掛ける、をしてみましょう。

ワンピースをハンガーで保管!適したハンガーは?

木製ハンガー

木製ハンガー

このタイプの多くは型崩れできないジャケットや、オーダーメイドなどの高級品に用いられることが多く、ハンガー自体も100円~数万円までと、金額にも幅があります。
なお、木製ですから、濡れたままの衣類を掛けると使用期間が短くなることもあります。

プラスチックハンガー

プラスチックハンガー

最近はプラスチックハンガーも多く使用されています。
プラスチックなので濡れたままでも大丈夫ですし、梅雨の時期や長く雨が続く時期、浴室で室内干しをする時などに便利です。
しかし、欠点は滑りやすいこと!
ポリエステルやレーヨンなどの化繊生地は、ツルツルと滑り落ちますよね。
そういう時は、端切れを巻いたりして工夫されている方も多く見えます。
最近では、部分的に起毛素材が添付されているデザインもあるそうです。

ステンレスハンガー

ステンレスハンガー

プラスチックハンガーに比べると、重量があります。
何と言っても丈夫なのが人気で、ある意味一生ものとして使えます。
保管時の時だけでなく、サビにも強いので、洗濯物を干す時に使用される方も多いようです。
無駄のないデザインが多く、すっきりとして見えるため、夏物なら特に多くクローゼットに掛けることが出来るのも嬉しいハンガーです。

ハンガーは何本お持ちですか?

ホームセンターなどでは、アイデアハンガーがたくさん販売されています。
収納スペースが少ない場合用に、1つのハンガーで何枚も掛けることが出来るものや、ワンピースやキャミソール用に滑りにくいデザインのもの、子供用、大人用、メンズ用、レディース用、フックが360度回転するもの、襟が伸びないもの、部分的に伸ばせるもの、肩の形にあわせて丸みがあるもの・・・数えたらきりがありません。
お持ちのアイテムやデザイン、収納スペースにあったハンガーを見つけてみませんか?

まとめ

ワンピースの畳み方

ハンガーと言ってもいろんな種類があります。
ハンガーの幅があってなくて、変な位置にポコッと跡がついてしまったり、そんな経験ありますよね。
今はいろんな大きさやアイテムごとに対応したハンガーがあるので、お持ちのワンピースのサイズやデザインにあわせて購入してみてはいかがでしょうか。
畳み方も、この記事で紹介したやり方で同じように畳めば、タンスを棚も綺麗に収まりますし、探す時も分かりやすいですよ!

関連記事

新着記事

TOP